topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅蓮屋心月庵(松島) - 2010.05.14 Fri

煎餅ファンにはたまらない一品

松島こうれん

みちのくの銘菓として700年の伝統を誇る一子相伝のこうれんせんべい

観光地松島でのお土産”数々ある中でも私的には最強の一品です

R0018924.jpg

一枚一枚丁寧に焼く技法と優しい食感はそのままに…
和三盆や麦芽糖タイプもでております
たまには贅沢な煎餅”いただいてみませんか!



R0018929_20100420221038.jpg

観光地松島にあって瑞巌寺とともに
歴史の深さにただただ感心してしまうこうれん物語”
時は流れ…松島紅蓮へとつながります

R0018905.jpg

こうれんさんの話を簡単に言うと…
鎌倉時代、秋田から松島に若い娘(紅蓮さん)が嫁いで来ました
しかしその時夫となるはずの小太郎は死んでいていないんですね…
しかし、好蓮さんすべては観音様の引き合わせだからと婚家にとどまり、
しゅうと・しゅうとめに仕えたんですって
年月が過ぎ、2人が亡くなると出家し、
近くの名刹の一角に心月庵を開き、紅蓮尼となったそうです
この名刹の参拝客が供えた米でせんべいを焼いた。
これが松島こうれんの始まりだそうです

R0018908b.jpg

あまりにも古い話でぴんときませんが
現在は23代目の星稔さんが一子相伝の製法を守っているという話にはびっくりです!

R0018917.jpg

落ち着いた店内”
こうれんの工房はすぐお隣の部屋のようで
優しく、ほのかに甘~い香りが漂ってきます ♪

R0018906.jpg

あれこれお話を聞いていたらお茶を出してくださいました
なんとまあ、こうれん付きです

R0018912.jpg

軽~いねえ
宮城県産ササニシキをついて餅(もち)状にして、薄く延ばして炭火で焼いてます 
一枚一枚手焼きのはずですが…
表面は真っ白  焦げや汚れがありません
神経を使ってる証拠でしょうね♪

R0018914.jpg

ほのかに甘い極上の煎餅です

R0018918.jpg

お持ち帰りは三種類の詰め合わせ などいかがでしょう

R0019150.jpg

和三盆や麦芽糖を使用したものも登場しています ♪

R0019154b.jpgR0019155b.jpg

どちらも無添加製品” 優しいお味です

R0019152.jpg

観光地松島にも本物の名物有りって感じですかね
大切にしていきたいです


紅蓮屋心月庵
宮城県松島町松島字町内82
022・354・2605







● COMMENT ●

 松島の紅蓮や丹六園の志ほがま等、
茶人だったら、興味をそそられるような銘菓が
近くにあるのに、まず、買って食べることがありません。

 郷土の銘菓として、買い支えていかないといけない
のですが、あまりに庶民の日常とかけ離れたお菓子
なので、もっぱらお土産使いとして利用しています。

郷土の銘菓

まさにその通りですね♪
我が家の子供達に食べさせるのも初めてでして
へえ~♪ こんなお菓子があったんだ!って
驚いておりました。
私は晒しよし飴”に並ぶ銘菓だと思っております

これ! 大好物です!!
素朴ですが、はかなく溶けていく繊細な食感と上品な甘さが堪りません♪
こんな謂われがあったとは…!
どこまでも優しい味がするお菓子ですね~ (^^)

話の続き

こうれんが好物とはさすが,はらぺこさん ♪
話の続きとして…
現在こうれんが二枚一組になっているのは何故か?ご存知??
ぴん”ときたかな??
こうれんさんと小太郎さんを一緒にしてあげてる…と言う話です!
めでたし、めでたし (●´∀`)ノ


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bmii.blog10.fc2.com/tb.php/543-8c581bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

炭火あかしろ屋 «  | BLOG TOP |  » 旬香庵

ブログ内お店” 検索

自己紹介

びーえむあい

Author:びーえむあい
んまいもんへようこそ!
共稼ぎの状況からか炊事当番が週に何度か回ってきます。
自分が食べたい美味いもんを作り
休みの日はバイクで美味いもんを探しに走り廻ります!
B M I 値を心配しながらも,楽しく食することを大切にしたいと思っております

食べたいもの区分

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。