topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

んまいもんinLondonパート1 - 2008.10.14 Tue

仙台からイングランドへ! 
んまいもん風にロンドンでの食事を想い出と共にご紹介させていただきます
パート1は機内食~ホテルでの常食編です

残念ながら仙台~ロンドン便はありませんので成田からの往復
利用したのはBritishAirways
経験をたっぷり”積んだスタッフサービスが売りのようです…

230.jpg


フライト時間は約12時間半
楽しくブロイラーになりきりましょう! 



乗って早々ドリンクサービスでビールを頼むと
デンマークのビール/カールスバーグが出てまいりました!

9_20081012193603.jpg

続いては主菜がミートパイのセット
ポテトの下にひき肉があるってかんじ

11_20081012193740.jpg

ぐっすり寝れるように、ということで?
ワインは赤白2種類これがフランスとオーストラリア産
なんだ、なんだこのフランスの赤”かなりえぐいなーと言う声が聞こえたか?
日本人アテンダントが声をかけて来て、話をしたら…

10_20081012193849.jpg

それではこちらをドーゾと変わりの赤が登場!
んー美味しい、美味しい! 途中チェンジは初めてですが…
どうせなら美味しくいただかないとねえー 

12_20081012193939.jpg

我がままなお客ですみません
でもなんだか好い旅になりそうな予感…

243.jpg

太陽を追いかけるように北西に飛び続け深夜食タイム
早くもサンドイッチスタイルへ突入です
記録写真だけ撮って若手同僚へ進呈

14_20081012194654.jpg

寝たようなそうでないよーな気分で時間が経ち
これが朝ご飯で良いのかどうかは別として現地ではお昼の時間
パスタの登場であります! これはいけたかも

15_20081012194724.jpg

ロンドンに無事到着
ダブルデッカーがいかにもロンドン、絵になりますねえー
ロンドンは北緯50~60度に位置し北海道よりずっと北ですが…
メキシコ湾からの暖流で意外に寒くないのでありました

52_20081012194956.jpg

さて今回滞在したのはこちらのホテル
海外からの団体さんで多いに賑わっているロシアちっくな格安ホテル
でもポンドのお国は日本の2倍の物価 、寝るだけなので問題無し!

197.jpg

ホテルに隣接した中国料理店
街中を見ても圧倒的な数で存在感を見せるチャイナレストラン
初日から中華に逃げたわけではありませんが
仕事が終わって一番近い所でということで、決定。

20_20081012195750.jpg

中華はみんなで分けて食べれちゃうのがやっぱ良いですねー

16_20081012195823.jpg

口に合ってまずまずなのですが…
いったいこの微妙な味の違いはなんなんだろう?

18_20081012195936.jpg

食事が終わってホテルに変える前
コンビにへ立ち寄れるのは日本と一緒ですね

46_20081012223831.jpg

雰囲気も日本とほぼ同じ
24時間体制のお店は少ないかもしれないけど、存在します。

43_20081012224152.jpg

アルコールの販売時間も決められているようで
夜中は黒いカーテンがかけられ目にふれないようにされてしまいます 
寝酒でも買っていきますかな…

198.jpg


 イングリッシュブレックファスト

49_20081012200103.jpg

ホテルの違いもあるでしょうが
イギリスでの朝食はこれが基本とか…
オレンジジュース~コーンフレーク~ベーコンエッグ~パン

47_20081012200355.jpg

そして紅茶かコーヒー
濃いめの紅茶にクリームを入れていただきます ほんと濃いです。
ミルクを入れる前提なんでしょうかね

48_20081012200518.jpg


これが総て、
サラダぐらいあっても好いんじゃない?って思うのですが…
こちらを滞在期間中毎朝いただきます
2日目からはサンドイッチ用に薄くスライスされた焼いた食パンに
バターとジャムをつけて&ミルクティー 
それだけで良いようになりましたけどね…

さあ、仕事へ出発です!
今日はどんな異なる文化に接する事ができるでしょう?
楽しみですねー

 次回はイギリスの名物料理 フィッシュ&チップスを紹介します!

● COMMENT ●

 渡英とオフ会、お疲れ様でしたね。

 飛行機で1日近く缶詰になり、ひたすらたべてばかり。
こんなのでいいのかと思いつつも結構美味しいので食
べてしまいます。

 いつも、帰ってくると太っているので、ずいぶん楽して
きたなと、みんなに言われます。それに、欧米人の食事
も凄まじいですからね。日本人なら体育会系の学生で
ちょうど良いくらいですもの。

おはようございます
懐かしい風景です

食べなかった深夜食に入っているショートブレッド、よくお土産に買っていました。

イギリスの味ですが、水が超硬水なんですね。ソフトナー(水を軟水にする)を洗濯機に入れないと汚れも落ちないくらい。それが味にも出るのかも。

イングリッシュブレックファスト、リッチなことでヨーロッパでは有名です。アメリカンブレックファストほどではないけれど。
冷菜のみの朝飯は大陸式、コンティネンタルブレックファストですね。
ソーセージ不味かったでしょう。動物性の脂を添加してあるみたいな。今は違うかな。

体重維持

出先がイギリスだったせいか?
仕事がハードだったせいか体重は変化無く帰国いたしました。
機内食を皮切りに一週間ロンドンでの食いもんめぐりでいきたいと思います!

風写さん
記憶がどんどんよみがえって来るのではないですか?
出てくるものに解説付けていただくと情報に厚みがでますねえー(笑)
よろしくお願いいたします。

ソーセージ独特の風味はその脂ですかね‥
ドイツでの美味さを求めるつもりはありませんが一食でご馳走様でした。
それにしても
日本のホテルのバイキングはすごいもんですね!
改めて感心したしだいです。

献血拒否

今朝の河北春秋にも載っていますが
1980年から96年まで
一日でも英国を旅行した人
フランスなど8カ国に
半年以上滞在した人
は、
狂牛病の牛を食べた疑いが高いため
献血を断られるそうです

私は
その間100回は英国に入国し
おそらく
合計300日近く滞在したので、
献血ができないんです

危険な国でもあったのでした

朝食
そうですね、
朝にコンティネンタル
昼にイングリッシュ
夜にジャパニーズバイキング
3回朝食でも
十分ですね。
健康的かも


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bmii.blog10.fc2.com/tb.php/194-85709c8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

んまいもんinLondonパート2 «  | BLOG TOP |  » London

ブログ内お店” 検索

自己紹介

びーえむあい

Author:びーえむあい
んまいもんへようこそ!
共稼ぎの状況からか炊事当番が週に何度か回ってきます。
自分が食べたい美味いもんを作り
休みの日はバイクで美味いもんを探しに走り廻ります!
B M I 値を心配しながらも,楽しく食することを大切にしたいと思っております

食べたいもの区分

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。