topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹鶏兄弟の軍鶏物語 - 2013.07.09 Tue

竹鶏物語を扱う料理人と 竹鶏こせがれ兄弟の新たな挑戦のお話”

竹鶏兄弟が挑戦していたのは 黒軍鶏

プロの料理人が この竹鶏軍鶏” と向き合う事になりました!!

R0050830.jpgR0050850.jpg
R0051128.jpgR0051125.jpg

まだ本格的な営業展開にはなっていない軍鶏のお話なので 
ご紹介しても現在はお店で食べていただくことができませんが…
その時の為に生産者と料理人は常に努力してるんですね~
私はその味”を 一足早く チェック チェック!!

 その1

話の発端は 伊達餃子楼からのお誘い
まだ世に出ていない竹鶏ファームの新規事業 竹鶏しゃもをみんなで食べてみよう!
というわくわくする企画

調理を担当するのは
蔵王の「アトリエデリス」の佐々木シェフ
伊達餃子楼の黒森君
パティスリーエピスの久我シェフ
この3名で、シャモを表現するというのですから そりゃ~も~私としたら
行くっきゃないでしょ! 

R0050864.jpgR0050797.jpg
R0050830.jpgR0050835.jpg

当日は ビュッフェスタイル形式
厨房はまるで二人の料理ショー 見ているだけでワクワクしてきますね
フレンチ・中華・スイーツなど何が出るかはお楽のしみ~

R0050825CC.jpg

軍鶏とウドとこごみの和え物
軍鶏入り八宝菜
軍鶏と竹の子の煮込み
軍鶏の丸揚げ

R0050803.jpgR0050807.jpg
R0050809.jpgR0050811.jpg

砂肝のコンフィと軍鶏手羽元のサラダ
棒々軍鶏
軍鶏とたまごと新タマネギのキッシュ
軍鶏のたたき葱山椒ソース

R0050814.jpgR0050816.jpg
R0050818.jpgR0050820.jpg

砂肝の塩黒こしょう炒め
軍鶏のテリーヌバジル風味
軍鶏雄の精巣の黒酢炒め
軍鶏のステーキ

R0050822.jpgR0050824.jpg
R0050827.jpgR0050832.jpg

もうこの二人の手にかかったら際限なく出てきそうですね…
二人はまだまだ創りたそう(笑)
どれもこれも絶妙な味付けになっているので、やばい やばい

それで軍鶏はどうなのよ? 美味しいの?どうなの?と聞かれれば…
北京ダックではないけど 皮の食感”と弾力ある肉質”は面白いっすね〜
としかコメントできないっす♪

R0050840.jpgR0050842.jpg
R0050845.jpgR0050846.jpg

もう幸せすぎて どこぞの王様にでもなったかのような状態
腹くっち〜  もう入んないよ〜

R0050847.jpgR0050852.jpg
R0050855.jpgR0050857.jpg

軍鶏もこんな料理人に出会えて さぞかし喜んでいることでしょう…
生産者”と料理人がタッグを組むと結果的に私たちは美味しいものをいただけるんですね〜

R0050850_20130707161233.jpgR0050854.jpg
R0050861.jpgR0050862.jpg

 このイベントも終盤の頃
軍鶏を育てる竹鶏ファーム志村兄弟と 席を一緒にしてまして…
肉を直球でも食べてみたい!試したいよね〜! と言う話題から
地鶏”を扱うお店で焼き鳥にしてもらおう!! 縁で呑もう!! と盛り上がり

そんな日がきたら良いな〜 って思ったら…
S” さんのおかげであっという間に実現しちゃいました(笑)


その2 は比内地鶏のお店 縁登場です

R002606cc_20130707161656.jpgR0051121B.jpg

志村兄弟の初 縁”を祝って 乾杯!!
まずは店主飯野ワールド楽しみましょう

どんなお店かご存知無い方の為に 縁ご紹介

R0051123.jpgR0051122.jpg
R0051132.jpgR0051137.jpg

カズさん話” 挑戦” ?を受けてくれてありがとうね!!
当日 志村兄弟”がまるまる一羽の軍鶏を自分で持ち込み
それをカズさんが目の前で捌いてくれたのですが…
これがなんとも早い!! 無駄な動きがないのであります!!

この肉” 強え〜!!
毎日比内地鶏を扱ってるだけに 肉質の差を肌で感じるのでありましょう

R0051128_20130707164851.jpgR0051125_20130707165011.jpg
R0051130.jpgR0051142.jpg

やや淡白な印象でもありますが この弾力は魅力ですね〜
そして包丁の技”が活かされた皮付き正肉” これは美味〜い!!!!
やはりこの料理人に出会ったことで ひと味”ふた味” upしましたね

R0051146.jpgR0051148.jpg
R0051150.jpgR0051151.jpg

なんとも粋な演出があって
肉質の違いを楽しむ為に 軍鶏、いわい鶏、比内地鶏の食べ比べ を可能にしてくれてました
しかも部位ごとに… さすがカズさん! 感謝 〃
肉には順位をつける話ではないのだろうなぁ〜 ね”

最後には料理人かずさんから嬉しい評価 がもらえ
志村兄弟も一安心 思わず笑顔がこぼれましたね

R0051154.jpgR0051156.jpg
R0051163.jpgR0051161.jpg

本格的な事業展開はこれから 物語”は始まったばかり…
課題も多いことでしょうが 頑張ってください
美味しい 軍鶏” 待ってます!!

R0051160.jpgR0051164.jpg


竹鶏ファームの状況は ホームページ&ブログでご覧ください  竹鶏ファーム


              

竹鶏ファームへの勝手な応援”でもありましたが
食材はやはり 本物の料理人と出会ってこそ光るんですね〜 実感しました。
ナイスなコラボの瞬間に 一緒にいれてとても嬉しかったです

● COMMENT ●

びーえむあい さんへ

どちらの企画も、人と人の信頼や繋がりが生み出す最高の「イベント」ですよね。これから先がまた楽しみです!

まめ男さんへ

質の高い軍鶏を育てたい!
美味しい軍鶏を調理し提供したい!
双方の思いが一致すると美味しい結果になるんですね〜

ほんとこれからが楽しみです


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bmii.blog10.fc2.com/tb.php/1117-155099ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

食彩庵 わたつみ(塩竈) «  | BLOG TOP |  » 竹から生まれたタマゴ 竹鶏物語

ブログ内お店” 検索

自己紹介

びーえむあい

Author:びーえむあい
んまいもんへようこそ!
共稼ぎの状況からか炊事当番が週に何度か回ってきます。
自分が食べたい美味いもんを作り
休みの日はバイクで美味いもんを探しに走り廻ります!
B M I 値を心配しながらも,楽しく食することを大切にしたいと思っております

食べたいもの区分

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。