topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹から生まれたタマゴ 竹鶏物語 - 2013.07.07 Sun

宮城・白石蔵王で、竹から生まれたタマゴ「竹鶏物語」を生産するのが 竹鶏ファーム

その名前を聞いた事がありますでしょうか?

平成14年には全国農業コンクール優秀賞を受賞し

今では宮城のお勧め ブランド の一つですが…

take62.jpgtake42.jpg
R0051352.jpgR0051325.jpg

学ぶべきは その栄光”ではなく 精神”
健康なにわとりを育てお客様に「幸せ」と「健康」を届けることそれが竹鶏の想い!
日本で1番「ありがとう」と言われる養鶏場を目指したい! 
と言うのですから嬉しいじゃありませんか
見学してきちゃいました

養鶏場見学”のきっかけを作ってくれたのは 蔵王ハーブまつり!
ハーブ兄弟らがいそがしく走り回るなか
アトリエデリス佐々木シェフの苺クレープ作りを美味しく体験した後
ざおう森の回廊フェスティバル~たまごとり見学ツアーに出発です!!

ha-bu1jpeg.jpgR0051313.jpg
ha-bu2jpeg.jpgR0051311.jpg

へえ〜ここにあったのか! とびっくり
ナイスな環境で  鶏が育てられてる” という印象

R0051318.jpgtake62.jpg

三代目社長(父さん)の話を聞いた後
四代目ジュニア志村兄弟の案内で早速鶏舎へ案内されましたが
わお〜 すご〜い!!当たり前だけど 鶏だらけ!!

take52.jpgR0051320.jpg

どんなにかすごい臭いかと覚悟していたのでrすが…
あらら〜ぜんぜん臭くない! 奇麗に整備されてるだけでない秘密は…
たまごの名にあるように 竹炭 が大きく作用してたんですね

最初に竹炭” を取り入れたのは二代目(爺ちゃん) ブラボー!!
今では父ちゃん&ジュニア&それぞれの嫁様
家族みんなチームワーク良く 美味しいたまごを作ってるってわけです

R0051334.jpgR0051338.jpg
R0051329.jpgR0051352.jpg

鶏舎で父ちゃんから 産みたてのたまごを食べてごらん!と言われ
恐る恐る?  生まれて初めて生卵をごくん”しましたが…
味” 濃い〜!! 

R0051332.jpgR0051325.jpg

産みたてたまごを自分でパック詰めのお土産
さらにはジュニアたちが立ち上げた竹鶏加工品ブランド『たまごと』
の〝Custard Foudue カスタード・フォンデュ〟 の試食!

なんだなんだ この懐かしいと思える風味” 美味い!
たまごの持ってる力” なんでしょうか…

R0051344.jpgR0051349.jpg
R0051355.jpgtake62.jpg

私がお世話になってるお店” 料理人たちが 
こちらのたまごを使いたくなる気持ちがわかりますね
我が家の卵焼きもこんなに美味しくなるのですから

R0050872.jpgR0051608b.jpg


美味しい食材” と出会うと生産者さんの事がもっともっと知りたくなりますよね
是非訪問してみてください

竹鶏ファーム ホームページ

竹鶏ファミリー



予告
この竹鶏ファームのこせがれ兄弟” が新たな挑戦をしています
美味しい軍鶏”
この美味しい話は次回へつなぎますね

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bmii.blog10.fc2.com/tb.php/1116-134d0d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

竹鶏兄弟の軍鶏物語 «  | BLOG TOP |  » 楽膳 ふ久寅

ブログ内お店” 検索

自己紹介

びーえむあい

Author:びーえむあい
んまいもんへようこそ!
共稼ぎの状況からか炊事当番が週に何度か回ってきます。
自分が食べたい美味いもんを作り
休みの日はバイクで美味いもんを探しに走り廻ります!
B M I 値を心配しながらも,楽しく食することを大切にしたいと思っております

食べたいもの区分

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。