topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんがら汁 - 2008.02.24 Sun

寒さの一番厳しい時期に捕れる真だらを、庄内地方では「寒鱈」と呼び、
郷土料理「どんがら汁」となるのでした。

1_20080224152823.jpg


初雪の予報が出される頃、寒鱈の水揚げの知らせが届き始めます。
名前の通り、雪を連れて寒鱈は山形にやってくるそうです。

まだまにあうか??
2月ぎりぎりでお取り寄せの発送に間に合い、鶴岡大山新酒と一緒に‥


今しか食べられない絶品鍋をいただく、お取り寄せ
脂がのったぷりぷりの寒鱈を内臓ごと送ってきます
ダシ昆布、味噌、岩のり、ネギま入って、これは3人前のセットで3,200円。

2_20080224152846.jpg

寒だら汁にした時にもっとも重宝されるのは身ではなく、その内臓です。
特に脂のたっぷりとのったアブラワタ(肝臓)と クリーミーな白子。
白子は口の中でとろとろにとろけちゃいます
3_20080224152901.jpg


脂ののりきったタラの肝臓は、他とは比べ物にならないくらい濃厚な味わい深さ!

5.jpg


タラと味噌、それだけでこれほど旨みの濃い鍋ができるとは! 感動です

6_20080224152944.jpg


ここで鶴岡大山の新酒を くいっと”やれば
もう、至福のひと時でありますねえ。 幸せ 幸せ。

7_20080224153001.jpg


白い湯気が立ち上る汁を磯の香りとともに一口すすれば、味わうごとに身体の芯まであたたまり、
冬の日本海の厳しさに育まれた恵みを堪能できるはずです。

4_20080224152915.jpg


ご馳走様でした。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bmii.blog10.fc2.com/tb.php/10-3cab0025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蕎麦処 天正 «  | BLOG TOP |  » 豆達人 (宮城県亘理)

ブログ内お店” 検索

自己紹介

びーえむあい

Author:びーえむあい
んまいもんへようこそ!
共稼ぎの状況からか炊事当番が週に何度か回ってきます。
自分が食べたい美味いもんを作り
休みの日はバイクで美味いもんを探しに走り廻ります!
B M I 値を心配しながらも,楽しく食することを大切にしたいと思っております

食べたいもの区分

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。